長い契約年数だからこそ

世の中にはたくさんのルールがありますが、私達がだれか特定の個人に対して守らなければならない契約上のルールはまた他のルールと異なっていると言えます。それらのルールは私達が守るべき事柄よりもさらに厳密にまもられるべきものであり、規約に則った行動を取らないと、契約そのものが破棄されてしまう可能性もあります。

この借地権に関しては、以前の法律では土地を貸した側が借りた側に一方的に解約を言い渡すことはほぼできませんでした。この点において現法では改善がなされ、土地所有者が借地権の解約を行いやすいようになりました。このあたりの旧法と新法の違いにおいて、私達は厳密に理解しておくことによって、より円満な契約が行えるでしょう。

借地権契約は1年や2年での契約ではなく、10年より長いスパンで付き合っていくものとなります。期間が長ければ長くなるほどトラブルが発生する可能性も高くなりますが、もし借地権契約に関してなんらかの問題が発生した際は、専門知識のある不動産会社や法律の専門家である弁護士に相談すると良いでしょう。私達が個人ですべて解決しようとするよりも、より良い方法を提案してくれるでしょう。プロに任せることで、トラブルを未然に防ぐことも可能になるでしょう。

起こりうるトラブルに対処

様々な契約には、いわゆる『トラブル』がつきもの、と言えます。契約上私達が守らなければならない事柄がありますが、どちらかがそれを遵守しないことによっても、トラブルが起こる可能性があります。では、借地権にはどのようなトラブルが発生することが考えられるでしょうか。その一つに、『相続』に関するトラブルが発生しうる、と言えます。

私達は自分の親等から、何らかの遺産を受け継ぐことがあります。それは、単にお金だけではなく、土地や会社といった有形物もそれに含まれます。それらを相続する対象者は、基本的に相続人が選出するものですので、私達はそれらに関してより厳密な対象者となる必要がありますが、借地権に関しても、相続は同様の者と言えます。借りている土地を他人に売買するといった行為はもちろん土地所有者の承諾が必要ですが、相続に関してはその必要がありません。ただし、この面で土地所有者とトラブルになる可能性がありますから、事前に話し合っておくことが大切であると言えるでしょう。

契約上私達はそれらの土地をあくまで借りている状態であり、保有している状態ではありません。賃貸住宅を借りている時のようにあくまでレンタルしているのです。

借地権―土地を借りる権利

賃貸住宅に住もうとするときに、その管理会社または管理者との賃貸契約が必須であるのと同じように、私達が何らかの理由で誰かの保有している土地を借りたい、という時も借地権契約が必須であると言えます。この権利無くしては、他人の土地を用いて一戸建て住宅やマンション、商業施設等を建設することはできません。土地の賃貸契約を結んで初めてそれが行える、と言えます。

どのような契約にも、当初契約してから、ある程度経過したときに、契約の更新を行うことがありますが、これはこの借地権に関しても例外ではありません。

借地権は、契約者と土地所有者との間で結ぶ契約ですが、普通借地権ではこの更新が認められており、定期借地権では契約の更新が認められていません。普通借地権では建物買取請求権が有効ですが、定期借地権では認められていません。普通借地権が、最初は20年、その後10年ごとに契約更新であるのに対して、定期借地権は50年と決まっており、満了時は建物を取り壊してでも所有者に返還しなければなりません。

種類に関して混乱してしまうことも多い借地権ですが、普通借地権と定期借地権にはこのような違いがあり、お互いにメリットとデメリットがあります。

借地権契約に関わること

私達は様々な場面において、人、または会社という立場として、『契約』を行うことがあります。契約を結ぶということは、私達はその契約に則ったルールに従い進めていくわけですから、メリットがある反面、デメリットもある、ということを当然のように認識しています。デメリットの無い契約はほとんどない、と言えますが、そのデメリットが妥協できるものであるかどうか、という点は重要な点、と言えるかもしれません。妥協できるデメリットであれば、得られるメリットの方がはるかに価値の高いものとして、認識することができるからです。

「契約」と言っても、仕事上行われるような高度なものではなく、私たちがどこかのお店のポイントカードを作るような、そのような簡単な契約であれば、何度も行っているでしょう。そして、多くの人はそのたびに契約上の規約を確認するということは無いという方の方が多いでしょう。しかし、それがより重要な契約である場合は、ルールを知っておかないと、のちのち困った事態に陥ることがあります。ですから、契約時には規約を確認しておく、ということが必要です。

さて、私達には普段なじみの薄いと言える契約の一つに、『借地権』という契約があります。借地権という名前だけは誰もが聞いたことがあるかもしれませんが、簡単に言えば『自分ではない他人の土地を借りる』ための契約です。この借地権契約を結ぶことによって、どのようなメリットと注意点があるのでしょうか。