借地権契約に関わること

私達は様々な場面において、人、または会社という立場として、『契約』を行うことがあります。契約を結ぶということは、私達はその契約に則ったルールに従い進めていくわけですから、メリットがある反面、デメリットもある、ということを当然のように認識しています。デメリットの無い契約はほとんどない、と言えますが、そのデメリットが妥協できるものであるかどうか、という点は重要な点、と言えるかもしれません。妥協できるデメリットであれば、得られるメリットの方がはるかに価値の高いものとして、認識することができるからです。

「契約」と言っても、仕事上行われるような高度なものではなく、私たちがどこかのお店のポイントカードを作るような、そのような簡単な契約であれば、何度も行っているでしょう。そして、多くの人はそのたびに契約上の規約を確認するということは無いという方の方が多いでしょう。しかし、それがより重要な契約である場合は、ルールを知っておかないと、のちのち困った事態に陥ることがあります。ですから、契約時には規約を確認しておく、ということが必要です。

さて、私達には普段なじみの薄いと言える契約の一つに、『借地権』という契約があります。借地権という名前だけは誰もが聞いたことがあるかもしれませんが、簡単に言えば『自分ではない他人の土地を借りる』ための契約です。この借地権契約を結ぶことによって、どのようなメリットと注意点があるのでしょうか。

Published by