起こりうるトラブルに対処

様々な契約には、いわゆる『トラブル』がつきもの、と言えます。契約上私達が守らなければならない事柄がありますが、どちらかがそれを遵守しないことによっても、トラブルが起こる可能性があります。では、借地権にはどのようなトラブルが発生することが考えられるでしょうか。その一つに、『相続』に関するトラブルが発生しうる、と言えます。

私達は自分の親等から、何らかの遺産を受け継ぐことがあります。それは、単にお金だけではなく、土地や会社といった有形物もそれに含まれます。それらを相続する対象者は、基本的に相続人が選出するものですので、私達はそれらに関してより厳密な対象者となる必要がありますが、借地権に関しても、相続は同様の者と言えます。借りている土地を他人に売買するといった行為はもちろん土地所有者の承諾が必要ですが、相続に関してはその必要がありません。ただし、この面で土地所有者とトラブルになる可能性がありますから、事前に話し合っておくことが大切であると言えるでしょう。

契約上私達はそれらの土地をあくまで借りている状態であり、保有している状態ではありません。賃貸住宅を借りている時のようにあくまでレンタルしているのです。

Published by