長い契約年数だからこそ

世の中にはたくさんのルールがありますが、私達がだれか特定の個人に対して守らなければならない契約上のルールはまた他のルールと異なっていると言えます。それらのルールは私達が守るべき事柄よりもさらに厳密にまもられるべきものであり、規約に則った行動を取らないと、契約そのものが破棄されてしまう可能性もあります。

この借地権に関しては、以前の法律では土地を貸した側が借りた側に一方的に解約を言い渡すことはほぼできませんでした。この点において現法では改善がなされ、土地所有者が借地権の解約を行いやすいようになりました。このあたりの旧法と新法の違いにおいて、私達は厳密に理解しておくことによって、より円満な契約が行えるでしょう。

借地権契約は1年や2年での契約ではなく、10年より長いスパンで付き合っていくものとなります。期間が長ければ長くなるほどトラブルが発生する可能性も高くなりますが、もし借地権契約に関してなんらかの問題が発生した際は、専門知識のある不動産会社や法律の専門家である弁護士に相談すると良いでしょう。私達が個人ですべて解決しようとするよりも、より良い方法を提案してくれるでしょう。プロに任せることで、トラブルを未然に防ぐことも可能になるでしょう。

Published by